logo sakura costa rica

さくらツーリスト

コスタリカ専門旅行会社

galeria de fotos sakura
mapa de costa rica



さくらツーリストをご利用していただきましたお客様からのコスタリカ旅行の ご感想を掲載します。自由気ままに一人旅、一生の思い出となる新婚旅行、
動物探しでお子様の目が光り輝く家族旅行、皆で和気あいあいのグループ旅行 時期も目的も訪問地も異なるそれぞれのお客様の旅行の感想です。
今後コスタリカを旅行される方々に貴重な情報になればと思います。
是非ご一読ください。






長野様

初めてのコスタリカ旅行でしたが、非常に内容が濃くて充実していました。見たい動物のリストから目的地の候補を提案して頂いてもらったので、初のコスタリカ旅行でしたがスケジュールがスムーズに立てることが出来たと思います。また、急な変更等ついても柔軟に対応をして頂き、とても満足しています。話に聞いていた以上にコスタリカの自然が豊かである事を実感する事ができ、時間が幾らあっても足りない・・・そんな9日間でした。また サンヘラルド・デ・タのケツァール、ラ・セルバのビワコンゴウインコ、サラピキのヤドクガエル、カニョネグロのヤマセミ各種、カラーラのコンゴウインコ・・・訪れた各場所で特徴的な動植物に出会える事が出て感激しました。それ以外にも書ききれない程の動物達がいて、本当に動物好きにはたまらない場所ですね。非常に目の鋭いガイドさんばかりだったと思います。おかげで色々な動物を見る事が出来て、大満足です! 今回は雨季の始まりでしたが、他のシーズンにもまた訪れたいと思います。
ありがとうございました。



石田様
この度の旅行では下村さんに大変世話になりました。お陰で最高に楽しい旅行が出来ました(海外旅行43回中ベスト5に入るほどのサプライズ&エクセレントな旅行でした)
TV番組で見たコスタリカの素晴らしさに大いに魅了され、2011年1月11日から17日間の旅を計画し、下村さんに助けられ初めてのコスタリカへの旅行を組みました。
トルトゥゲーロ、アレナル火山、モンテベルデ、マヌエル・アントニオ、カラーラ、コルコバード、サンヘラルド・デ・ドタなどなど、出来る限りの国立公園、自然保護区、野生保護区を回る行程にして、短期間でコスタリカの自然を堪能可能なものにしました。
ケツアール・ハチドリ・コンゴウインコ・オオハシ・カワセミ・サギ類・カッショクペリカン(特に編隊飛行とダイナミックなダイビング)、なまけもの・サル・イグアナ・バシリスク・カエル・ワニ(カイマン&アメリカワニ)、タランチュラ、葉切りアリ、蝶類(特にブルーモルフォ)など、また蘭(数ミリの小さな小さな花)など数え切れないほどの生物(あまり多くて名前は覚え切れませんでした)、カラーラではガイドと3人でゆっくりとした散策で数多くの水鳥を観察できこれも素敵な時間でした。動物たちそれぞれが生きていることを断固として主張しているような種を観察できたことは、ただただ最高の感激でした。
ボートクルーズ、キャノピーツアー、トレッキングなど、タバコン温泉、経験したことも無いような内容で、どれも満足したものでした。ボートツアーではガイドによる動植物の説明を聞いたり、別なボート移動では桟橋も無いところで濡れながらの乗下船経験、初めてのキャノピーツアーで樹から樹へロープにぶら下がりながらの移動、ターザンごっこ、子供の頃に帰った様な楽しさでした。
タバコン温泉では、もっと時間を取るべきであったと反省(楽しい温泉であったので)しています。また、基本的にはガイド付きでの動植物観察とトレッキングですが、私たちだけのハイキングでも鳥や花を観察できて楽しい毎日でした。移動は車とボートで、結構長時間かかり、道路はお世辞にも良いとは言えず、相当の悪路でしたがドライバーと片言の英語で話しながらのドライブを大いに楽しみました。
またコスタリカの人々は非常に人懐っこいですね、機会があればもう一度言ってみたい国です。
本当に下村さんにはお世話になりました、有難うございました。





阪神シニアカレッジ
阪神シニアカレッジのトレッキング部に所属している同期の仲間(平均68歳)と “コスタリカツアー”に行く企画を立案したのは出発日より数えて約10カ月前からでした。 私は現役時代に2回ほどコスタリカを仕事の関係で訪問した経験が有り、退職後はコスタリカに永住も考えていたくらいで、コスタリカの良さを何時も仲間に話をしていたところ急に「コスタリカ探訪企画」が持ち上がりました。総勢10名のツアーです。
ガイドブック「地球の歩き方」や、インターネットで「さくらツーリスト」を見つけ出し、下村さんへコンタクト致しました。

さくらツーリストの対応:最初のメールの時から非常に暖かさが感じられ、我々のグループの平均年齢の事も充分考慮に入れた対応で懇切丁寧な指示や意見を頂き、大変助かりました。コスタリカとのやり取りにも拘らず何か国内でコンタクトしている様な感じを持たせて頂き対応が迅速丁寧で心強さを感じました。また、現地に付いた後も全く不安や混乱を感じさせない心配りで対応して頂き、まるで日本に居るかの様な(安心、安全)錯覚さえ感じるほどでした。

ホテル:平均年齢的に強硬スケジュールは出来ませんので1ヶ所で2泊する為、何処のホテルでも落ち着いた雰囲気のホテルで、コスタリカのホテルライフも楽しむ事が出来ました。特に原生林の中にあるコテージ式の部屋は最高にコスタリカを体で感じる事が出来ました。

ガイド:我々のツアー期間は約2週間でしたが、サンホセ到着からサンホセ出発まで下村さんのガイドと同じドライバーで過ごしました。
下村さんは植物図鑑や昆虫図鑑、鳥類図鑑の大きな本を何時も片手に持ち我々の質問に正確に答えて呉れ、判り易く説明してくれました。
本当に感謝!感謝!でした。

食事:コスタリカの食事は日本人にはとても食べ易く2週間の滞在期間中に日本食が食べたくなる事等1回も有りませんでした。
特に毎食に付くフルーツジュースは南国のフルーツを存分に使った新鮮なジュースで楽しみでした。

このコスタリカエコツアーに参加人達全員が口にした事は「これまでの国内旅行そして海外旅行を通じて1番楽しくて1番面白くて1番感動した旅行だった」と言う事です。
下村さんの心のこもったアテンドは2週間の時間を非常に短く感じさせてくれました。適当にサプライズプログラム等を折り込み、現地の人達との交流の場も作ってくれたりして頂き、1生涯忘れぬコスタリカエコツアーでした。本当にありがとうございました。


齋藤
旅行通の先輩に、「コスタリカに行くなら、「さくらツーリスト」がいいよ!」と勧められ、動物たちの楽園と謳われるコスタリカへの家族旅行を手配していただきました。

年末年始の時期に、何処にどんな動物がいるか、どの場所には何日ぐらいかけるのがいいか など、細かな質問にも下村さんがメールや電話で丁寧にお返事を下さり、ガイドブックにも 載っていないような場所も紹介してもらって、旅程を決めていきました。何度も何度も相談 に乗っていただいた末、アクティビティもホテルのランクもツアーも訪れる町も、全てこち らの希望に沿って、上手くまとめてくださった下村さんに感謝しています。 コスタリカについてからも、一つも心配することがない完璧な手配でした。最初の晩に下村 さんから連絡をもらい、色々な質問にもすぐ答えていただきました。出発前に送って頂いた 詳細な旅程表通りに、ガイドさんやドライバーさんが待っていて、至れり尽くせり。お蔭で コスタリカの溢れんばかりの自然にどっぷりと浸かり、1週間という短い日数ながらとても 満足して帰国しました。

はじめての中米旅行で、一番心配だったのが、気候や虫刺されと、食べ物でした。まさか それらが、コスタリカの一番と言って良いほどの魅力点だとは思いもよりませんでした。 海沿いや高地の差はあるものの、とても過ごしやすい一定した湿度と気温。「蚊はカエル に食べられちゃうから、あんまり居ないのよ」という説明に納得の蚊の少なさ。そして、お豆と米が主食のおいしい料理。海沿いの魚料理にもすっかり虜になりました。有名な コスタリカのコーヒーは何処で飲んでも美味しかったです。何をとっても居心地の良い国 なのだなと肌で感じました。気候が良い=植物が育つ=動物も(人間も?) 集まるのですね。

泊まったホテル5か所も、十分検討された居心地の良いホテルばかりでした。最終日に泊 まった、サンヘラルド・デ・ドタの森の中のホテルが、なんといっても一番素敵でした。キャビンのような各部屋には暖炉があり、外にはたくさんの美しい鳥たちが飛び回ってい ました。夕食の後、ラウンジで暖炉を囲みながら談笑した他の旅行者や現地の方々との ひと時は、コスタリカにぜひまた戻ってきたい! と思わせる、寛ぎの時間でした。

旅の醍醐味は人との出会いだと思いますが、コスタリカでの下村さんを筆頭としたガイド さんたちとの出会いは格別でした。

コスタリカを愛する方々に、個人レベルでガイドしてもらえ、とても恵まれた旅行でした。

ぜひ多くの方々に、さくらツーリストを通してコスタリカに触れてもらいたいと願います。

costa rica tours






 
Copyright 2013   |   Sakura Tourist Costa Rica   |   Tel: (506) 2272-8745 / 8371-7672   |   Email: info@sakuracostarica.com   |   San José, Costa Rica, CA.   |   Diseñado por: Tentori Websites, S.A.